信用情報110_ブラックリスト消去_住宅ローン対策
信用情報110_ブラックリスト消去_住宅ローン対策

ブラックリスト削除
信用情報回復110

このような方はご相談下さい

信用情報の事で困ったら?

借金問題のエキスパートが金融ブラックのため住宅ローンなどの融資が受けられないなどの悩みに取り組みます!

借金問題のエキスパートが金融ブラックのため住宅ローンなどの融資が受けられないなどの悩みに取り組みます!

ブラックリストの消去・信用情報の回復(要審査)
ブラックリストの消去
信用情報の回復(要審査)

私達は今まで借金で苦労してきた方々の問題に真剣に取り組んで来ました。
以下に当てはまる方でしたら、時効援用から信用情報を回復できる可能性が高くなります。

信用情報を回復するための条件

ご依頼させていただければ、信用情報が回復するまで親身にサポートをさせていただきます。
また、信用情報がいつどのように回復するか、そのためには何が必要か?をわかり易くご説明いたします。

信用情報を確認して下さい!

まずは自分の信用情報を確認するところから始めましょう!
融資の決定をしたり、カードの審査をする場合も、CIC・JOCC・KSCなどの信用情報機関の保管するあなたの信用情報を元に判断されています。
自分の信用情報を見ることで「何が原因で審査が通らないのか?」が改めて分かります。

以下のリンクから取り寄せる方法を確認できます。

自分の信用情報を調べよう!

当事務所にお任せ下さい!

当事務所にお任せ下さい!

信用情報の回復をご相談される時にもこのCICやJICCの書面の情報を元に回復が可能か?_もしダメでもどうやったら最良の状態に出来るのか? 
などについて親身にお話し合いをさせていただきます。
お問い合わせいただく際には、お手元にお取り寄せになった信用情報をご用意下さい。

・信用情報回復(ブラックリストの削除)には、時効の援用が必要です!

 信用情報の回復を行うには、時効援用を済ませておく必要が多々あります、「債務不存在通知書」を作成し債権者に送ります、その後担当弁護士は確実に受け取ってもらったかの確認を行います。
 複数箇所に借金をしている場合、すべての債権者の元に書類を送付することが必要です。
 ですから、自分で時効援用を行う場合、最低でも以下のようなことを調べる必要があります。

時効援用の条件

  • 借金の時効の起算点:返済期限または差し押さえを受けた日・借金を最後に返済した日の翌日から数えます。
  • 借金の時効の期間:消費者金融・クレジットカード会社などは5年、公庫・個人からの借金は10年が一般的
  • 債権者から裁判または執行等を起こされているか(裁判所からの通知は来ているか?):裁判を起こされた場合、判決が確定してから10年後まで時効が延長されます、
時効援用の条件

 これらを正確に把握してから通知書を作成して送付しないと、時効援用による債務不存在は確認されません。
なお、個人で時効援用を行おうとして、時効の起算点の日付を間違え、まだ時効が成立していないのに通知書を送ってしまったという失敗がよくあります。
 その結果、債権者が気が付き裁判を起こされてしまったケースなどもあります。
 複数の債権先がある場合や借金の時効の起算点があいまいな場合、なれていない個人で時効援用を行うにはリスクが高くなります。

ーご注意下さい!ー

時効の援用手続きはどこでやっても一緒と言うワケではありません。
きちんと債務状態を把握していない状態で進めてしまうと、逆に時効の完成を伸ばしてしまうかもしれません。
実際に某行政書士事務所で手続きしてもらったのですが、その後どうなってしまったのかの確認も出来ず、時効の援用も認められず住宅ローンが組めなくなってしまったとご相談を受けたこともあります。
当事務所では多くの経験から、必要とされる情報を事前にお客様に確認し、状態を把握した上で、債務不存在が認められたかの確認までを低料金でフルサポートいたします。

ご注意下さい!

信用情報回復の費用

  • 時効援用のみ、1社 9,500円(+消費税)にて受任いたします。
  • 信用情報回復は、1社 45,000円(+消費税)にて受任いたします。
  • 忘れてしまった携帯番号の調査、3キャリア対応は、 20,000円(+消費税)にて受任いたします。

もしかして?と思ったら気軽にご相談下さい。

信用情報の事で困ったら?
メールでのお問い合わせはこちら!

無料相談フォーム

申し訳ございません、少ない人数で対応している関係で、メールのお返事に関しては少しお時間を頂いております。
お急ぎの方はLINEの無料相談の方で書き込んで下さい。
よろしくお願いします。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須お問い合わせ内容

    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    今すぐ相談したい!そんな時にはフリーダイヤルにご連絡下さい

    電話に出られなかった場合は折り返し掛け直しますので、非通知設定の方は解除してお電話下さい。

    よくある質問

    15年以上忘れていた借金のために住宅ローンが通りません、何とかなりませんか?

    裁判など起こされていなければ、状況によっては消せる可能性があります。まず詳しく状況を確認させて下さい。最適な方法をご提案します。まずはご相談下さい。

    残った借金を一括で完済すれば信用情報を回復させることはできますか?

    支払いを済ませても一般的には5年は信用情報は消えません。
    5年待てる人は良いのですが、住宅ローンなどを今申し込みたいなどの場合は、すべて払いきってしまうより、しかるべき対応をすれば、場合により一か月以内に消える可能性があります。
    完済してしまう前に一度ご相談下さい。

    事故情報とはどういった内容のものですか?

    信用情報に「異動」と表示されることです。
    事故情報の主なものには
    ① 借主の「延滞」の事実、②弁護士・司法書士による「債務整理」が始まった事実、③ 借主に代わって保証会社が「代位弁済」した事実、④「破産」、「個人再生」、「特定調停」の申立ての事実があります。
    ① の「延滞」の場合、借主が貸主に対する支払いを怠り、61日以上または3か月以上経過した場合に貸主の申告により登録されますが、その期間は信用情報機関により異なります。

    事務所概要

    ・ 弁護士事務所名 栃木・柳澤・樋口法律事務所
    ・ 担当弁護士 柳澤憲
    ・ 所属弁護士会 東京弁護士会
    ・ 所在地 東京都港区西新橋二丁目5番11号 NTKビル5階
    ・ 担当部署専用回線 03-6811-2294

    プライバシーポリシー